パーティードレスはいくつ必要か?予算相場はどれくらいか?(年代別)
2017.05.24

唇に手を当てている女性皆さんはパーティードレスを何着お持ちでしょうか?
と、気になる方も多いのではないでしょうか。
そう何着も持っていても着る機会もないし、でもそう思っていた矢先に良い知らせが重なって…と経験がある方もいるでしょう。
今回はパーティードレスの所持数と予算などを年齢別に見ていきましょう。

◆20代~パーティードレス
20代でドレスを持っている所持数はなんと平均5着でした。
黒×2、ネイビー、ピンク、ベージュ、という方が非常に多く見受けられましたね。
デザインはワンピースでフリルが着いたデザインが多いですね。
予算は全部1万円~2万円でイメージとしては質より量といった感じです。
とはいうものの、近年のドレスは低コストにもかかわらずオシャレで見た目の質も悪くはありませんからね。
理由としては、友人の結婚式に呼ばれる回数が多い為、同じものを着ていけないというものがありましたね。
また、黒が2着となっていますが1着はマタニティドレスという返答も頂きました。

◆30代~パーティードレス
基本所持数は3着という結果に。
黒、ネイビー、ベージュで予算は2万円~4万円が平均金額となっていました。
質も気にしつつとは言うものの、どちらかというと小物を意識している傾向にありましたね。
小物の色合いやデザインでおしゃれ感を出すのが主流です。
ですから、パンプスやバッグもシルバーやゴールド系、ベージュ系など多彩な色合いが多く、通常上記のような「補色系」で合わせるですが、「補色の補色」であえてネイビーのドレスにエナメルピンクのパンプスを合わせるなどのおしゃれコーデをしている方もいますね。
20代の方と比べるとおしゃれの質が違いますね。
シンプルなデザインが人気で30代のナンバー1はパンツドレススタイルですね。

◆40代~パーティードレス
40代での平均所持数は2着となっています。
平均金額は1.5万円~となっています。
シンプルに黒やネイビー、黒やベージュという2色で1組という方が多かったですね。
そしてデザインはワンピーススタイルが圧倒的でした。
ウエストでタックを取っている為、シェイプとボリュームのメリハリがあり女性らしいラインを出してくれるデザインが多いのも理由の1つでしょう。
また無駄のないデザインが多い為シンプルかつエレガンスさが際立つパーティードレスが人気です。
少し大きめなネックレスと落ち着いたカラーのバッグやパンプスで合わせるといいですね。
オススメはベージュのワンピに黒のバッグ&パンプスです。
全体的に優雅な印象を与えてくれますよ。

▲ ページトップへ