パーティードレスのアレンジ方法
2017.05.24

色気のある女性結婚式でパーティードレスを着ていく上でどうしても気になるのが「え?また同じドレス…」と思われてしまう事。しかも大体集まるメンバーは一緒なのでそんな風に思われることも多いですよね。
そのような時にも対応できるようにパーティードレスの簡単アレンジテクニックを伝授しましょう。

◆髪型のアレンジ
まずは一番分かりやすいのが髪型のアレンジですね。
髪が短い方はウィッグ等使用してじゃんじゃんアレンジしてしまいましょう。
基本はアップスタイルが多いようですが、髪が長い方はハーフアップスタイルもいいですね。
大人で上品なイメージがあります。
落ち着いた雰囲気を出すのであればハーフアップはいいでしょう。
また、ゆるふわ系でいくならダウンスタイルの編み込みでまとめたポニースタイルのいいですね。
パンツドレスとの相性がいいです!

◆装飾のアレンジ
一番変化が期待できるのが装飾系のアレンジです。
バッグやパンプスなどは変化が分かりやすくいいですね。
結婚式では少しシックで落ち着いた色合いのものを選択しておき、2次会ではオシャレで少し明るめの色合いのものを持ってきてもいいのではないでしょうか。
またボレロやショールをプラスするもの非常にいいですね。
ただし、この際には注意が必要です。
ドレス以外のアイテムが4点以上になる場合です。
一例でお話すると、基本のアイテム「ボレロ(ショール)・バッグ・パンプス・ネックレス」+「ブレスレットやピアス」でコーデする時に、ブレスレットやピアスはバッグやボレロなどの大きな装飾品の色に似ている物を選ぶようにしましょう。
そうすることでさりげなくオシャレ度をUPさせることが出来ますよ。
また、アレンジのさせ過ぎには気をつけましょう。
たくさんつけすぎると、「あれれれ?」となってしまいます。
あれもこれも身に着けておしゃれをしたい気持ちも理解できますが、どれを付けていいのかわからなくなったときは、一度身に着けたいものを全部つけてから鏡の前に立ちましょう。
そしてそこから一個ずつ外しながら全体のバランスを見ていくといいですよ。

◆まとめ
以上がパーティードレスのアレンジ方法でした。
結婚式などは写真に姿が残りますのであとで見返した際に同じ髪型や小物だとまったく同じになってしまいます。
ドレスは替えたくないという方には装飾品の色合いやデザイン、髪型を変えるだけでも雰囲気はガラリと変更することが出来ます。
結婚式の2次会や割と早いスパンでお祝い事がある時などはこのようなアレンジ方法で乗り切りましょう。
特に色合いは一番気にしておいてくださいね!

▲ ページトップへ