パーティードレスに合うバックや靴の選び方
2017.05.24

華やかなドレス人気のパーティードレスに合うバックや靴の選び方がわからないという方は非常に多いです。
普段の服装とは違い、何でもドレスに合わせればいいというものでもない為、逆に難しいですね。派手すぎてもダメですし、何も気にしなければ地味になる。
結婚式ぐらいはおしゃれに着飾りたいですね。
今回は靴やバックの選び方についてお話しましょう。

◆バッグの選び方
パーティードレスにしっくりくるバッグを選ぶのであればやはりドレスと合わせてみるのが一番でしょう。
ドレスを購入する際に一緒に合わせて購入するのがオススメですね。
では、ドレスに合わせやすい色はどんなものがあるのでしょうか。
基本は黒、シルバー、ゴールド系(ベージュ含む)がオススメです。
この3色があれば基本のコーディネートはできるため着回しや使いまわしもしやすいでしょう。
またバックの大きさにも気を使いたいところですね。
中身としては小ぶりな財布、携帯、デジカメ、ハンカチ、お化粧直し(ポーチ)が入る大きさがいいでしょう。
あまりにも大きすぎると主役がバッグになってしまうので注意しましょう。

◆靴の選び方
靴に関しては基本、3㎝以内のヒール付パンプスが望ましいでしょう。
妊娠中の方はその限りではありません。
色合いについてもバッグと同じ色系統が望ましいです。
一例でいくと黒のバックに黒のパンプスでもいいですし、シャンパンゴールドのようなバッグにベージュのパンプスなども合いますね。
このように靴とバッグは同じ色合いで揃えるのがシンプルかつオシャレでおすすめのコーデとなります。
あとパンプスの種類ですが、つま先が隠れる物にしましょう。
つま先やかかとがでるようなミュールはNGですから気を付けてくださいね。
素材で言えばエナメルがいいですし、秋冬であればスエード調のものは季節感が出ていいですね。
そして必ずストッキングは履くようにしましょう。
素足は絶対にダメです。
ストッキングは破れたりデンセンしてしまう恐れがあるのでスペアは持っていた方がいいですね。
セカンドバックを持ち歩くようであればそこへ収納していてもいいでしょう。

◆バッグと靴の共通NG集
共通して言える事があります。
それは、生き物系の素材とスパンコールなどのかなり派手は装飾です。
靴やバックにも革製品やラメやスパンが大量に散りばめられたド派手な製品があるでしょう。
一般のパーティーであれば問題ありませんが、「結婚式」では完全NGなのでその点だけは気を付けて選びましょう。
あくまでも主役は新婦さんなので新婦さんより派手にはならないように意識しましょうね。

▲ ページトップへ